スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横歩取り▽3三角型▲3六飛の変化

前回の横歩取り▽3三角型から進み

先手が▲3六飛と下がって先手の横歩取りを防いだ形から(下図)
歩を一枚多く取ったアドバンテージを後手にも与えない意味では
▲3六飛と下がるのが横歩取りの基本の形と言っていい

ここで後手の選択肢によっても少し変化が現れる
⇒ ▽8四飛と引けば浮き飛車で攻防に活きる
⇒ ▽8五飛と引く手は一見危なそうに見えるが自由度の高い戦い
▽8五飛戦法の場合は先に▽2二銀と先手の動きを見る

まずは▽8四飛型の定石から
▽8四飛 ▲2六飛 ▽2二銀 ▲8七歩

先手はすぐに▲8七歩とせず先に▲2六飛とするのは
後手に▽2四飛と回られると▲2八歩と打つことになり
せっかくの歩得のアドバンテージを失います
▽2二銀は歩を打たずに温存して飛車を受ける手
そして8六に垂れ歩を打たれる前に▲8七歩と封鎖

▽5二玉 ▲5八玉まで
お互いに中住まいでこれからの一局
⇒ ▲6八玉と戦地へ赴く玉もいる


ここまでの展開で先手のほうが歩を1枚多く手にして
得したかのように見えるが手元の歩はお互い2枚で
先手は▲3六飛~▲2六飛と二手使って飛車を戻したのに対し
後手は▽8四飛と一手だけに済んでいる
どちらが優勢とも無いが一手損と一歩得で五分といったところ

スポンサーサイト
アクセス人数
サイトマップ
★ 詰将棋一覧
★ 手筋問題一覧
★ 囲い一覧

★ 全ての記事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
チェック
プロフィール

アザラシ忍

Author:アザラシ忍
アマ3段
将棋倶楽部24
12級:Dinosaur.
将棋ウォーズ
1級:AzymN
将棋クエスト
2級:KAPIBALA

得意戦法
角換わり・横歩取り

将棋倶楽部24には
水・土曜の夜に出没します
チャットで声をかけてくだされば
検討も歓迎です

スマホからでも閲覧できるよう
全ページFlash Player未使用です
当サイトはリンクフリーです

連絡は下記アドレスまで
frankiepome@gmail.com

リンク
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。