スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

角換わり駒組み

初手から
▲7六歩 △8四歩 ▲2六歩

後手が8四歩とせず3四歩と最初にしてきた場合
先手から誘導する角換わりにはならず▲2二角成と強引に行くのは
単純に一手損になるのであまりオススメは出来ない
又、後手側から角換わりを仕掛けたい場合は
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩から
⇒ △8八角成(後手一手損角換わり)
⇒ △3二金(後手から誘導する角換わり)

△8五歩 ▲7七角 △3四歩 ▲8八銀

一度▲7七角と受けて▲8八銀からの▲7七銀型を目指す
この時▲8八銀以外の受け方で7八銀や6八銀の場合
△4四歩と角交換を避けられてしまい先手は囲いに組みにくくなる

△3二金 ▲7八金 △7七角成 ▲同銀

先手が7七角と上がった一手の損と後手の7七角成の交換で一手の損
お互いに手損は無くなる
後手が△4四歩と角交換を避けても▲2五歩とすれば
一方的に飛車先を交換されるのも困る為△3三角と受けて手損は帳消し

以下△4二銀 ▲3八銀 △7二銀 までが基本の駒組み

先手、後手共に3八銀、7二銀と上がるのは棒銀の攻めを含みにしており
4八に銀が上がるよりも戦法の幅を広げる意味合いがある
格言の角交換に5筋を突くなの通り
5六歩としてしまうと3九の地点に角を打ち込まれやすく
4九の地点にいる金が動きにくくなってしまう

基本の駒組みを終えたあとは戦法が分岐して
⇒ 角換わり棒銀 (2七銀→2六銀)
⇒ 角換わり腰掛け銀 (4七銀→5六銀)
⇒ 角換わり早繰り銀 (3七銀→4六銀)
いずれも右銀を活用した戦い方が重要になってくる
スポンサーサイト

コメントの投稿

Private :

アクセス人数
サイトマップ
★ 詰将棋一覧
★ 手筋問題一覧
★ 囲い一覧

★ 全ての記事

カテゴリ
最新記事
最新コメント
検索フォーム
チェック
プロフィール

アザラシ忍

Author:アザラシ忍
アマ3段
将棋倶楽部24
12級:Dinosaur.
将棋ウォーズ
1級:AzymN
将棋クエスト
2級:KAPIBALA

得意戦法
角換わり・横歩取り

将棋倶楽部24には
水・土曜の夜に出没します
チャットで声をかけてくだされば
検討も歓迎です

スマホからでも閲覧できるよう
全ページFlash Player未使用です
当サイトはリンクフリーです

連絡は下記アドレスまで
frankiepome@gmail.com

リンク
QRコード
QR
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。